お問い合わせ・ご予約

お見積・お問い合わせ

「カーコーティングについてもっと知りたい!」、「メンテナンスの仕方がわからない」など、ご不明な点があれば、お電話・メールにてお気軽にお問い合わせください!
(電話受付時間 平日・土日祭日 10:00~19:00)

電話で問合せ045-225-0118

電話で問合せ045-820-2855

電話で問合せ03-5772-0055

電話で問合せ03-3571-3581

お問い合わせ

電話で問合せ03-3571-3581

電話で問合せ045-225-0118

電話で問合せ03-5772-0055

電話で問合せ045-820-2855

メールでのお問い合わせ

3分で車査定が!? DMM AUTOがすごい!|六本木ヒルズ店、横浜ランドマークタワーなどで、駐車場で駐めてる間に、あなたの車を職人技で磨き上げます。

タップでお問い合わせ

スタッフブログ

3分で車査定が!? DMM AUTOがすごい!

  • その他
  • 更新日:2018.06.05

みなさまこんにちは。カーケアセンター です。

 

6月といえば梅雨ですね。

つい洗車が遠のいてしまう寂しい季節です。。。

 

雨でも気持ちよくお車にお乗りいただけるよう、

カーケアセンター スタッフ一同、みなさまのお越しを心よりお待ちしております!

IMG_0322

 

 

さて、私たちの洗車・コーティング業務とは直接関係がないのですが、

本日とってもエポックメイキングなニュースが飛び込んでまいりました。

 

DMMが中古車「ノールック買取り」参入、「DMM AUTO」スマホ3分査定の全貌

– BUSINESS INSIDER JAPAN

DMM、3分で査定できるクルマ売却アプリ「DMM AUTO」を公開

– CNET JAPAN

DMMが「中古車買い取り」参入 仕掛け人が語る”本気度”

– ITmedia ビジネス ONLiNE

 

(権利関係がよくわからないので各記事のリンクを貼るのは避けます)

 

一体どんなサービスでどんなメリット、デメリットがあるのでしょうか?

 

 

 DMM AUTOってどんなサービス?

 

スマホアプリで3枚の写真を撮って送るだけでスピーディに査定!

査定金額に合意すれば即売却成立!

実車を見せる手間が必要ない!

 

というサービスです。

!?

なんと!画期的なサービスですね!!

スマートフォンの普及で本当に様々な新しいサービスが実現していますね。

 

 

 どんなメリットがあるの?

 

これまでの買取査定の流れより良くなった点を簡単にまとめてみましょう。

 

① 営業マンに来てもらい実車を見せる必要がない

  予定を合わせる手間や時間を省けますね。

  また、圧しの強い営業にあうことも避けられます。

 

② 車を持ち込む必要がない

  こちらも同じく、時間と手間を省けます。

  近くに販売店などがない場合にも助かりますね。

 

③ 24時間365日対応可能

  これは大きいです!「思い立ったが吉日」なんて言葉も今は古く、

  「いつやるか?今でしょ!」の時代です(これも若干古いですかね…)

  往々にしてこうしたことを思いつくのは夜、家で寛いでいる時などだったりします。

  そんな時でもすぐに行動に移せるのは魅力的ですね!

 

この他にも面倒な書類の準備が必要なかったりと、全般的に時間短縮が本サービスの最大の売りとなっています。

また、査定にはAIが対応しているとのことなので、今後の少子化社会にも対応力のあるサービスと言えるかと思います。

 

テクノロジーの進歩って素晴らしいですね!

 

しかし、いいことばかりではないでしょう?と思ってしまうのが人の性。

 

 

 どんなデメリット(懸念材料)があるの?

 

デメリットや懸念材料としてはどういったことがあるでしょう?

現時点での紹介記事は持ち上げ記事が多いので、ちょっと切り込んで見たいと思います!(怒られないといいな)

 

④ 実車を見ていないので正確な査定は難しいのでは?

これはあるでしょう。特に初期段階では。

特に様々な仕様(パッケージ)がある輸入車の場合はそう簡単にはいかないのではないでしょうか。

QRコードからかなり正確な情報が拾えるのでしょうかね?

また、記事中にもありますが、損傷箇所などに関してユーザー側の申告漏れまたは虚偽の申告があった場合は運営側が絶対に損をします。これについてのリスクヘッジは削減した人件費分で賄うようなことも仰っていますね。

そうなると人件費削減=高額買取りの実現ということにはならなそうです。

あくまで本サービスの売りはスピード感、即換金の実現のようです。

⑤ 並行輸入車や希少車の売却には対応していない

AIが査定を下す根拠となるものは独自(?)のデータベースのようです。

国内正規品でなかったり、付加価値のつくものはその範疇を超えるので仕方がないですね。

「売却には…」とあるので査定だけなら対応しているのかもしれません。

…でも、それならば公式サイトで使われている車たちが旧車ライクなものばかりなのは、いささか不適切なのでは?と思ってしまうのは面倒臭い車マニアの少数派意見でしょうか(笑)

かわいくてとても洗練されたサイトデザインです!

 

 

 対象外車両に注意!

 

さらによく見てみると、以下の2点が気になりました。

 

⑥「車検証上の所有者名義と使用者名義が異なる車両」は売却できません

⑦「所有者又は使用者が法人名義の車両」も売却できません

 

公式Q&AのQ6に記載がありましたが、この2つでかなり狭められた感は否めませんね。

 

⑥はローンで購入した車であればほとんど当てはまるかと思います。

残債の処理が面倒なので致し方ないことだとは思います。

 

⑦についても経営者の方ではよくあることだと思います。

諸事情あって法人名義にすることが多いかと思います。

 

ただしこの2点についても、「売却はできない」とのことなので査定だけならできるのかと思います。

 

 

 まとめ

 

以下まとめはまったくの個人的見解ですので、参考程度にお読みいただけましたら幸いです。

 

<まとめ>

・DMM AUTO のサービスの要は簡便さとスピード

・できるだけ高額な買取を希望するのであれば直販店にお願いするのがよい

 

繰り返しになりますが、DMM AUTOが売りとしているのは簡単スピード査定と即換金化です。

AI査定による無人化で省コスト化 → 高額買取によるユーザーへの還元 とはならないでしょう。

(ゆくゆくは実現できるかもしれませんが)

現段階ではAIの査定精度向上とデータベースをより強固にするためのディープラーニングの目的が強いのではないかと思います。

そもそも販売網がまだ自社で用意されてないようですし、買い取った車はどうするのでしょう?

売り先があることを考えると、ある程度の利幅は確保するはずです。

時間と手間が多少かかってもいいので、できるだけ高く買い取って欲しいということならば、従来の買取サービスの利用が向いていると思います。

特に直販の中古車販売店であれば余計なマージンが発生しませんので、より高額となることが期待できます。

 

とはいえ、DMM AUTOのサービスはひじょうに魅力的です!

古来よりテクノロジーが発達しても変えられないもの、そのひとつに時間があるかと思います。

しかし、時間も概念としては「買う」「有効化する」ことがどんどん可能となっています。

1日24時間をより有効に、より快適に使うためのサービスの一つだと私は捉えています。

帰ったら早速、私の車で試してみようと思います♪

 

 

私たちカーケアセンター も代行サービス業の一つとして、

皆様の時間をよりよいものにできるよう努力してまいります。

以上、ここまでお読みいただきありがとうございました!

IMG_0061

 

 

洗車でよりよい暮らしを

https://carcare-center.co.jp