お問い合わせ・ご予約

お見積・お問い合わせ

「カーコーティングについてもっと知りたい!」、「メンテナンスの仕方がわからない」など、ご不明な点があれば、お電話・メールにてお気軽にお問い合わせください!
(電話受付時間 平日・土日祭日 10:00~19:00)

電話で問合せ045-225-0118

電話で問合せ045-820-2855

電話で問合せ03-5772-0055

電話で問合せ03-3571-3581

お問い合わせ

電話で問合せ03-3571-3581

電話で問合せ045-225-0118

電話で問合せ03-5772-0055

電話で問合せ045-820-2855

メールでのお問い合わせ

六本木ヒルズ店、横浜ランドマークタワーなどで、駐車場で駐めてる間に、あなたの車を職人技で磨き上げます。

タップでお問い合わせ

お役立ち情報

洗車で水垢をきれいに落とすポイントは?

  • 洗車
  • 更新日:2020.08.17

128img01

 

車の洗車を怠ると、水垢がタラタラとボディに流れ落ちる跡が残ります。
よく見かけるのが、ドアミラーの下やドアノブの下です。
とくに白い車だと、そうした水垢がよく目立ちます。
さらには洗車の際にも、水垢だけ落ちにくいのでゴシゴシと強くこすらないといけないこともあります。

 

そんな水垢をきれいに落とす方法を紹介します。

 

 水垢が発生する原因とは?

 

洗車の際に「水垢だけ頑固で落ちにくいので苦労する」という方は多いのではないでしょうか。
それでは、どうして水垢と呼ばれる汚れがボディに付いてしまうのでしょうか?

 

それには、車の排気ガスが関係しています。
例えば空気中に舞っているチリやホコリには、車の排気ガスなどが付着した油性の物があります。
そうした油性のチリやホコリは、一度車のボディに付着すると洗車だけでは簡単に落ちないのです。

 

何せ油性の汚れなので、雨や洗車の際の水をはじくという性質があります。
したがって、雨でボディに付いたチリやホコリが流される際にも、ストレートには落ちません。
それこそボディに、タラタラと流れ落ちる跡を残してしまうのです。

 

しかも車の排気ガスは、ボディに水垢が付きやすいというだけではありません。
実は車のフロントガラスの油膜も、車の排気ガスが大きく関係しています。

 

ただし、車の排気ガスだけが水垢の原因とは限りません。
繁華街などに多いお店の換気口からも、油性のガスが空気中に拡散していますし、車に塗るワックスやコーティング剤も、雨で溶けて流れる際に油性の水垢となりやすいのです。

 

 頑固な水垢を落とすには?

 

カー用品店に行くと、様々なタイプのカーシャンプーがあります。
例えばホワイトボディ車専用のカーシャンプーやワックス入りのタイプ、あるいは水垢を落としやすいカーシャンプーなど、様々なタイプがチョイスできるようになっています。
中でも水垢を落としやすいカーシャンプーを使うと、かなりの効果が期待できます。

 

さらに近頃では、水垢取り用の専用クリーナーもいろんなメーカーから発売されています。

 

 水垢が付きにくい恒久対策ってあるの?

 

水垢を落とすには、水垢取り用のカーシャンプーや専用のクリーナーを使うのがベストだと言えます。
さらには水垢が固着しないように、こまめに洗車やワックスがけをすることも大切です。

 

しかしながらそれでは、本当の解決とはいいません。
とくにこまめに洗車をするというのは、忙しい人にとっては大変なことです。
そこで水垢が付きにくい対策について、ご紹介したいと思います。

車を屋内ガレージで保管する

水垢は、車が雨にさらされることで発生します。
したがって、車に雨がかからない屋内ガレージやマンションの地下駐車場で保管できれば、酷い水垢が付くという心配も要りません。

 

そうはいっても、駐車場が屋外という場合もあると思います。
また、自宅の駐車場は屋内でも、職場の駐車場は屋外という場合もあるでしょう。

 

車を常に屋内に駐車しておくことは難しいため、根本的な水垢対策とは言えませんね。

水垢が付きにくい専用のコーティングを行う

水垢が発生する原因の一つとして、車をコーティングするワックスが雨で溶けることが挙げられます。
そのため、ワックスの効果が無くなる前に洗車をしてワックスがけをすればよいということになります。

 

ちなみにそのタイミングですが、ワックスの効果は1か月程度なので、1か月スパンで洗車とワックスがけをすればよいという結論になります。

 

ただし「1か月スパンで、洗車とワックスがけは大変」という方もいらっしゃいます。
その場合「撥油性コーティング剤」を塗るのがおすすめ。
ワックスより効果が長く、数か月間は水垢が付着しにくくなるので、少しお手入れがラクになります。

 

水垢対策で最も効果的なのは、ハイエンドコーティングとも言われているガラスコーティングです。

ガラスコーティングはプロによる施工が必要ですが、効果が3年~5年程度続き、その間はコーティングが不要になります。

 

コーティング効果が続いている間は、洗車だけでよいのです。

その上、車のボディはガラスコーティングの被膜で覆われているので、洗車時に水垢を落としやすいのもメリットです。

 

 まとめ

 

車にできる水垢の跡は、専用のカーシャンプーや専用クリーナーで落とす必要があります。
水垢の汚れを防ぐには、洗車が欠かせません。

 

また恒久的な対策としては、プロによるガラスコーティングが効果的です。
一度コーティングをすると、5年程は効果が継続するので、水垢の悩みも解消できるでしょう。

 

コーティングは汚れや紫外線から車を守り、きれいなボディを維持することができます。
こまめな水垢取りが大変という方は、ガラスコーティングを検討されてはいかがでしょうか。

こちらの記事もおススメです!