お問い合わせ・ご予約

お見積・お問い合わせ

「カーコーティングについてもっと知りたい!」、「メンテナンスの仕方がわからない」など、ご不明な点があれば、お電話・メールにてお気軽にお問い合わせください!
(電話受付時間 平日・土日祭日 10:00~19:00)

電話で問合せ045-225-0118

電話で問合せ045-820-2855

電話で問合せ03-5772-0055

電話で問合せ03-3571-3581

お問い合わせ

電話で問合せ03-3571-3581

電話で問合せ045-225-0118

電話で問合せ03-5772-0055

電話で問合せ045-820-2855

メールでのお問い合わせ

六本木ヒルズ店、横浜ランドマークタワーなどで、駐車場で駐めてる間に、あなたの車を職人技で磨き上げます。

タップでお問い合わせ

お役立ち情報

洗車に食器用洗剤を使っても大丈夫?カーシャンプーとの違いも解説

  • 洗車
  • 更新日:2021.08.17

3001060_s

洗車するとなれば、普通は車用の洗剤であるカーシャンプーを使用します。
食器を洗うときに使用するのが食器用洗剤であり、油汚れを落とすのに威力を発揮する洗剤です。
車の汚れを落とすときに、食器用洗剤を使っても問題ないのでしょうか?
洗車するときに、食器用洗剤を使っても洗えるのかどうか解説します。

食器用洗剤でも洗車できる

食器用洗剤は中性洗剤であり、カーシャンプーのほとんども中性です。
そのために、食器用洗剤で洗車を行っても、車の汚れを落とすことができます。
どちらも汚れを落とすために使用するので、食器用洗剤でも洗車できます。

食器用洗剤は台所で使用し、手に直接つけることもあり、皮膚にダメージの少ない成分で作られています。
洗車に使ったとしても、塗装にダメージを与える可能性は低いです。

食器用洗剤での洗車方法

食器用洗剤は洗浄力が強いので、洗車するときには水で希釈して使います。
使用する食器用洗剤を200倍ぐらいに希釈して使ってください。
5リットルの水に対して、食器用洗剤は数滴入れるだけで十分です。

洗車方法は、カーシャンプーを使ったときと同じです。

・スポンジ
・バケツ
・ブラシ
・タオルやクロス
・食器用洗剤

洗車ではこれらの道具を用意します。
最初にバケツに食器用洗剤を数滴入れて、水を入れて希釈してください。
スポンジにバケツの泡をつけて、車の上部分から下部分の順で洗っていきます。
ホイールなどのスポンジの届きにくい細かい部分は、ブラシを使って洗うと汚れを落とせます。

車全体を洗った後は、水でよくすすぎ、最後にタオルやクロスを使って拭き上げすれば洗車完了です。
普段から手洗いで洗車している方なら、特に難しいことはないでしょう。

ガラスの水垢落としに効果的

食器用洗剤は、食器の油汚れを落とすために使われる洗剤です。
洗車に使用すれば、ガラスの油膜を取るのに効果を発揮します。
ウォッシャー液では落ちないような油膜も、食器用洗剤で落とせます。

さらには車体にできた水垢を取るのにも効果的です。
車にできた水垢は、ワックスなどの油を含んでいるタイプも多いです。
このような水垢を、食器用洗剤を使えば綺麗にできます。

それでも落ちないようなときは、メラミンスポンジで擦ってみましょう。
ただし、撥水コートのようなコーティングしたガラスには、メラミンスポンジは使わない方が無難です。

食器用洗剤で洗うメリット

食器用洗剤はスーパーやコンビニで売っており、価格が安く手に入りやすいです。
わざわざ、カー用品店に行く必要がありません。
カーシャンプーと比べると安いので、お財布に優しく、何回も洗車に使用しても多額のお金を必要としません。

食器用洗剤は、食器や調理器具を洗うための洗剤であり、油汚れを分解する成分が入っています。
油汚れを分解する成分によって、カーシャンプーでは落とせない油膜のような汚れも綺麗にできます。

洗車に使っても思ったよりも汚れが落ちないとなれば、そのまま食器や調理器具を洗うために使えばよく、洗剤を無駄にしません。

食器用洗剤とカーシャンプーの違い

カーシャンプーも食器用洗剤も、洗剤の主成分は界面活性剤です。
界面活性剤は汚れを落とす成分であり、洗浄効果の高いものから、肌に優しいものまでいくつか種類があります。

食器や調理器具の汚れは油汚れがほとんどであり、食器用洗剤には油汚れを落とす成分が入っています。
短時間で洗えるように、油汚れを分離し泡切れの良い成分も含まれます。

カーシャンプーは車用に開発した洗剤であり、きめ細かい泡ができ、その泡で車体の汚れを包み込み洗い流し綺麗にします。
車のゴムパーツや樹脂パーツにダメージを与えないように配慮されており、食器用洗剤ほどの強い洗浄効果はありません。

カーシャンプーは、錆を防ぐ防腐剤や、ワックスやコーティング効果の得られる車体を保護する成分もあります。
このような成分は、食器用洗剤には含まれません。

食器用洗剤で洗車するときの注意点

洗浄力の強い食器用洗剤は、洗車で使用するときは、水で希釈して使用します。
油汚れを落とす界面活性剤の濃度が濃いので、樹脂パーツやゴム部分を劣化させる恐れがあり、車の樹脂部分やタイヤには使用しないようにします。
油分でできているワックスも落としてしまう可能性があります。
さらに、泡切れが悪いためによくすすいだとしても、車体に洗剤の成分が残るかもしれません。

洗車に使用する食器用洗剤は、中性洗剤を使います。
アルカリ性や酸性の食器用洗剤もありますが、これらは洗車に使ってはいけません。
中性の食器用洗剤よりも洗浄力が強く、洗車で使うと、塗装やコーティングを剥がし、パーツを傷める恐れがあります。

また、中性の食器用洗剤でタイヤを洗うと、タイヤのコーティングが剥がれ、タイヤ劣化の進行速度を速めます。

食器用洗剤は、洗車で毎回使うような洗剤ではありません。
何度も洗車に使用すると、ワックスを剥がし、車のパーツを傷めてしまいます。

洗車する時間がない方や、手軽に洗車を終わらせたい方は、専門業者に依頼してください。
専門業者に洗車を依頼すれば、車のオーナーは洗車する必要はなく、プロの技で車を綺麗にしてくれます。
もちろん、車を傷める心配もありません。

まとめ

食器用洗剤は、油汚れを落とすための洗剤なので、洗車でも使用は可能です。
特に車体やガラスにできた水垢を落とすのに効果を発揮します。

ただし、車のワックスを剥がす恐れがあり、樹脂やゴムは劣化させるので、日常的に洗車で使用するのはおすすめできません。
洗車したいけど車を傷めるかもしれないと心配な方は、専門業者に洗車を依頼してください。

こちらの記事もおススメです!