お問い合わせ・ご予約

お見積・お問い合わせ

「カーコーティングについてもっと知りたい!」、「メンテナンスの仕方がわからない」など、ご不明な点があれば、お電話・メールにてお気軽にお問い合わせください!
(電話受付時間 平日・土日祭日 10:00~19:00)

電話で問合せ045-225-0118

電話で問合せ045-820-2855

電話で問合せ03-5772-0055

電話で問合せ03-3571-3581

お問い合わせ

電話で問合せ03-3571-3581

電話で問合せ045-225-0118

電話で問合せ03-5772-0055

電話で問合せ045-820-2855

メールでのお問い合わせ

六本木ヒルズ店、横浜ランドマークタワーなどで、駐車場で駐めてる間に、あなたの車を職人技で磨き上げます。

タップでお問い合わせ

お役立ち情報

フロントガラスにガラスコーティングは必要?

  • 洗車
  • 更新日:2021.08.24

4565209_s

フロントガラスは、運転席からの視界を確保するに重要な部分です。
雨の日は水滴が視界を遮ることもあり、ガラスに付着する水滴が多いと運転しにくく、事故を起こす危険もあります。

そんなときには、フロントガラスにコーティングを施しておくと、撥水効果が生まれて雨の日でも視界を確保しやすいです。
この記事で、フロントガラスをコーティングする効果や、コーティング剤の選び方などをご紹介します。

ガラスコーティングの効果

フロントガラスにガラスコーティングを行うと、ガラスをコーティング皮膜で覆い、ガラスの撥水効果が高まります。
ガラスに汚れや水滴が付着しにくくなり、付着したとしても落としやすいです。

雨の日ならば、水滴がガラスにつきにくくなるので、視界を確保しやすいでしょう。
冬ならば、凍結や結露を発生しにくくするので、冬でも良好な視界を得られます。

さらには、ガラスに付着した水滴が落ちやすいので、ワイパーの使用頻度が少なくなり、ワイパーのゴムは劣化しにくくなります。
ただし、ガラスコーティングを行って時間が立つと、コーティングの成分が汚れの原因になることもあるので、定期的に洗浄はした方が良いです。
コーティングの効果も、時間と共に落ちていくので、定期的に再度コーティングする必要はあります。

ガラスコーティングの成分

ガラスコーティングは、カーコーティングと同じように、ガラス面に皮膜を作り保護します。
フロントガラスにガラスコーティングを行うと、撥水効果を持たせて、雨の日に運転席からの視界を良好にしてくれます。
ガラスコーティングの成分は、以下の2つです。

・フッ素
・シリコン

シリコン系コーティングよりもフッ素系コーティングの方が、持続効果は長いです。
マメに手入れするのは手間だと思う方に、フッ素系コーティングがおすすめです。

シリコン系コーティングは撥水効果が高く水をよく弾き、皮膜が柔らかいので再度コーティングするにしてもしやすいです。

製品の価格は、フッ素系コーティングの方が高いです。

つまり、撥水性や価格で選ぶならシリコン系コーティング、持続効果で選ぶならフッ素系コーティングとなるでしょう。

ガラスに汚れがついたらコーティングが剥がれやすいです。
ガラスコーティングを長持ちさせるならば、汚れはこまめに洗うようにしましょう。
ただし力を入れて洗うとコーティングが剥がれるので、研磨剤の入っていない洗剤で優しく洗います。

ガラスコーティングの種類

ガラスコーティングには以下の3つの種類があり、それぞれで使い方が違います

・塗るタイプ
・スプレータイプ
・ウォッシャー液に入れるタイプ

塗るタイプは、施工に時間がかかりますが、撥水力が高く持続効果が高いです。
ガラスを掃除して綺麗にした後に、コーティング剤をフェルトやスポンジにとって、ガラス面に均等に塗り込み、布やタオルで拭き上げて完了です。
塗布前には、しっかりとガラスを洗って綺麗にする必要があります。

ガラスにスプレーして使うのが、スプレータイプです。
ガラスが濡れていても使用でき、汚れを落とす成分も入っているので、ガラスを洗わずにそのままスプレーして構いません。
こちらも施工後は、布やタオルで拭き上げます。
スプレータイプは、持続効果が短く、短い期間の間隔で再度施工しないとなりません。

ウォッシャー液に入れるタイプは、ウォッシャータンクに入れて使用します。
ワイパーを動かし、ウォッシャー液をガラスに噴射するたびに、ガラス面をコーティングしてくれるので、手軽にコーティングできます。
ただし、ワイパーの動く範囲のみしかコーティングできません。

ガラスコーティング前の前処理

フロントガラスにガラスコーティングを行うときは、施工前にガラスの油膜や汚れを洗って取り除いた方が良いです。
ガラスが汚いままコーティングを行うと、油膜や汚れをコーティング皮膜が閉じこめてしまい、コーティング効果が悪くなり、皮膜が剥がれやすいです。
汚れがあると、ワイパーを使うと白いスジができます。

ガラスの汚れは、以下のような方法で綺麗にします。

・石けん水
・食器用洗剤
・油膜クリーナー

石けん水は石鹸を水で溶かして作り、ガラスに吹き付けて、タオルなどで拭いて汚れを取ります。
油膜であれば、食器用洗剤でも汚れを取ることが可能です。
食器用洗剤も水で薄めて使用し、泡立てて優しくなぞるようにして、汚れを洗い流します。
洗剤の成分が残りやすいので、ガラスのすすぎは念入りに行いましょう。
落ちないような頑固な油汚れには、油膜クリーナーを使います。

専門業者にガラスコーティングを依頼しよう!

フロントガラスにコーティングを行う前には、ガラスの下処理が必要であり、油膜などを綺麗にしてからガラスコーティングを行います。
自分でもコーティングを行えますが、下手に行うとコーティング効果が低くなり、汚れのついたままコーティングするおそれもあります。

ガラスコーティングを行うならば、プロの業者に依頼してください。
油膜や汚れを取り除く下処理を行って、綺麗にフロントガラスをコーティングしてくれます。

まとめ

雨が降ると、フロントガラスに水滴がついて視界を遮ります。
雨の日に良好な視界を確保するならば、ガラスコーティングを行ってください。
ガラスコーティングによって、ガラスに撥水効果を持たせて、水滴がつきにくくなり、雨の日でも運転席からの視界が良好になります。
自分でもコーティングは行えますが、ムラなく失敗なくコーティングするなら、プロの業者に依頼してください。

こちらの記事もおススメです!