お問い合わせ・ご予約

お見積・お問い合わせ

「カーコーティングについてもっと知りたい!」、「メンテナンスの仕方がわからない」など、ご不明な点があれば、お電話・メールにてお気軽にお問い合わせください!
(電話受付時間 平日・土日祭日 10:00~19:00)

電話で問合せ045-225-0118

電話で問合せ045-820-2855

電話で問合せ03-5772-0055

電話で問合せ03-3571-3581

お問い合わせ

電話で問合せ03-3571-3581

電話で問合せ045-225-0118

電話で問合せ03-5772-0055

電話で問合せ045-820-2855

メールでのお問い合わせ

六本木ヒルズ店、横浜ランドマークタワーなどで、駐車場で駐めてる間に、あなたの車を職人技で磨き上げます。

タップでお問い合わせ

お役立ち情報

高圧洗浄機の洗車は傷が付く?洗車のコツと注意点をチェック

  • 洗車
  • 更新日:2020.07.28

1215img01

高圧洗浄機と言えば、昔はプロご用達の清掃用品でした。
ところが近頃では、安いものであれば10000円前後でホームセンターにも売られています。
そのため、すでに使っているという方も多いのではないでしょうか?
外壁やブロック塀の汚れ落としにも使えるので重宝しますよね。

 

そんな高圧洗浄機を洗車で使う際のコツや注意点を紹介します。

 

 高圧洗浄機のメリットとデメリット

水しぶき

高圧洗浄機の最大の特徴は高い水圧の水が噴射されること。
水道水で洗浄するための清掃用具なので、体に害を与える心配はありませんが、子供がふざけて使ったりすると危険です。
顔などにかかると、目を怪我する恐れもありますので、気を付けて使用しましょう。

コーティングキャンペーン

高圧洗浄機のメリット

高い水圧で洗浄をするので、一般的なホースの水よりも何倍も洗浄力が高いと言えます。
その上、水を噴射している時間も短くて済みます。
もちろんそうなると、水道水の節約や作業時間の短縮にも繋がります。

 

それから一番気になることですが、高圧洗浄機を使うと小傷どころかボディーに塗装ハゲやへこみが発生するか否かです。

 

しかしながらその問題に関しても、車体にはメーカーが塗装後にクリアーコート剤で保護しています。
そのため例え高圧洗浄機を使ったとしても、塗装がはがれたりボディーがへこむといった心配も要りません。小傷に関しても、通常の洗車と変わりません。

 

さらには通常なら洗剤を使う箇所さえ、高圧洗浄機だけでこと足りるというメリットさえあります。

 

あるいは家の外壁など高い部分の洗浄も、プロの業者さんを雇わなくてもハシゴを使わずに高圧洗浄機で十分間に合います。

デメリット

何せ水圧が高いので、網戸や窓ガラスを洗浄する際には破損する恐れがあるので注意が必要です。

 

あるいは高圧でシャワー状の水が噴射されるので、思わぬところに水がかかってしまうという可能性もあります。そして機種によっては、作業時の音がうるさいと隣近所から苦情が出る場合もあります。

 

また安価なタイプは、長時間の使用に耐えられない機種もあります。
使用する前には、取扱説明書をよく読んで使うようにしましょう。

 

 高圧洗浄機の選び方のコツや注意点

購入

近頃ではホームセンターや大手通販サイトで、安価な高圧洗浄機が売られています。
それでは4万円も5万円もする高圧洗浄機とどう違うの?という疑問が生じると思います。

 

そうした値段の違いについてですが、どんな商品にもピンキリというのがあるように高圧洗浄機にも素人向けとプロ向きとがあります。

 

プロ向きは長時間の連続使用にも耐えられるような設計になっています。

 

一方安価なタイプだと、長時間連続使用をするとモーターがオーバーヒートしたり壊れてしまう恐れがあります。

 

あるいは同じ高圧洗浄でも、高圧のレベルに差があります。
やはり安価なタイプの場合、圧力調整ができないタイプや低い圧力しか出せないタイプもあります。

 

ここでは高圧洗浄機の選び方や使い方のコツ、さらには注意点などをご紹介します。

高圧洗浄機の選び方のコツ

高圧洗浄機も値段に伴ってピンキリですが、水圧の高さが汚れ落としの良し悪しに繋がるという点がポイントです。

 

そのため商品のパッケージや商品説明欄の項目に記載されている「最大吐出圧力」と「常用吐出圧力」の表示をしっかりと把握しておくことが大切です。

 

例えば「最大吐出出力」というのは、車であれば最大スピードのようなものです。
一方「常用吐出圧力」は、通常使える圧力を意味します。
従って例え「最大吐出圧力」が高い商品であっても、「常用吐出圧力」が高い商品だとは限りません。

 

極端な話をすれば、安価な商品の中には「最大吐出圧力」しか記載されていない商品もあるかもしれません。
そういう意味では、「常用吐出圧力」がどのくらいのレベルなのかを、購入前に必ず把握することが大切です。

 

といってもプロが仕事で使うワケではないので、そんなに高性能で高額な商品でなくても大丈夫です。
一般的には、家庭用の高圧洗浄機だと「常用吐出圧力」が8メガパスカル程度で十分です。

 

また駆動元が電気式なのか充電式なのかという点も、購入時にはチェックすべき項目です。
屋外で高圧洗浄機を使おうと思っても、電気式だとコンセントがないとどうすることもできません。
その点、充電式だと使う場所を選びません。

 

それからホースに余裕があるかどうかも重要なチェックポイントです。
その代わり、延長ホースがオプションで付いていれば大丈夫です。

高圧洗浄機を使う上での注意点

高圧洗浄機は、高圧の水が噴射されるのでその時の騒音が大きいタイプがほとんどです。
そのためなるべく昼間に使用をして、朝早くや夜に使用するのは控えるべきです。

 

その点はどんな場合にも言えることなのですが、相手の立場に立って物ごとを考えれば正しい判断ができると思います。

また人が近くにいる時には使用を控える、もしくは使用時は避難してもらうということも怠ってはいけません。

 

それと同時に、自分の目にも小石やホコリが跳ね返ってこないようにゴーグルやサングラスを使用することも大切です。

 

 まとめ

赤い車

素人でも手軽に洗車ができる高圧洗浄機について紹介しました。
ただし、所詮は素人です。
やはりプロの業者の洗車技術にはかないません。
プロは水や洗浄液にもこだわり、丁寧に汚れを落としてくれます。

 

隅々まできれいに仕上げたい場合、自分で行うとかなりの労力や時間を費やすことになるので、プロに任せることで、ラクにきれいにできます。

 

洗車コーティングをお願いすれば、細かい小傷から愛車を守ることもできますし、その後の洗車やお手入れも簡単になります。

 

ぜひプロの洗車&コーティングを検討してみてくださいね。

 

ガラスコーティング・手洗い洗車の専門店「カーケアセンター」

東京と横浜の4店舗でサービス。午前中にお預けで夕方に完了の即日仕上げ。手洗い洗車などのアフターメンテナンスも充実。ただいまキャンペーン中でお気軽にご相談ください。

東京のガラスコーティングはこちら
横浜のガラスコーティングはこちら
手洗い洗車はこちら

こちらの記事もおススメです!