お問い合わせ・ご予約

お見積・お問い合わせ

「カーコーティングについてもっと知りたい!」、「メンテナンスの仕方がわからない」など、ご不明な点があれば、お電話・メールにてお気軽にお問い合わせください!
(電話受付時間 平日・土日祭日 10:00~19:00)

電話で問合せ045-225-0118

電話で問合せ045-820-2855

電話で問合せ03-5772-0055

電話で問合せ03-3571-3581

お問い合わせ

電話で問合せ03-3571-3581

電話で問合せ045-225-0118

電話で問合せ03-5772-0055

電話で問合せ045-820-2855

メールでのお問い合わせ

六本木ヒルズ店、横浜ランドマークタワーなどで、駐車場で駐めてる間に、あなたの車を職人技で磨き上げます。

タップでお問い合わせ

お役立ち情報

ガラスコーティングは傷消しにも効果的?

  • コーティング
  • 更新日:2020.08.31

1273img01

車は高い買い物のひとつ。
そのため、些細な傷でも気になる方は多いでしょう。

しかしながら、車は傷が付きやすく、洗車後の拭き取りの際に傷が付いてしまうことさえあります。
今回は車の傷について、ガラスコーティングが効果的なのかも含めて解説していきます。

 車の傷を自分で消すには?

車の傷を消す方法は、大きく分けると業者さんに修理してもらう方法と自分で直す方法とがあります。
ここでは自分で直す方法について、市販の傷消し商品等を例に挙げながらご紹介いたします。

市販の傷消し商品について

カー用品店に行くと、市販の傷消し商品だけでも様々な商品が販売されています。

例えばメジャーなところでは、傷消しワックスが真っ先に挙げられます。

この傷消しワックスは、車の塗装面に付いた傷の溝を埋め込んで目立たなくさせるという効果が期待できます。
傷消しワックスには、固形から液体のものまであり、種類も豊富です。

シートに傷消しワックスが練り込まれたタイプは、塗装面の傷を拭き取るようにするだけで目立たなくなります。
その他、コンパウンド(研磨剤)も傷消しによく利用されます。
コンパウンドは、塗装面の凹凸部分を研磨することで凹凸部分を無くす効果が期待できます。

コンパウンドを使う際の注意点

市販されている傷消し商品の中でもコンパウンドを使う際には、多少注意点があります。
コンパウンドは研磨剤なので、強くこすると塗装面が削られてしまいます。
おまけに同じメーカーの商品の中にも、粗く削るタイプや細かく削るタイプがあり、研磨剤の含有量が異なるのです。
含有量が異なると、塗装面を研磨する際にも研磨効果に強弱の違いが出ます。

また研磨する際にも、同じ箇所を強く研磨するのと全体を均等に研磨するのとでも違いが出ます。
とりわけ同じ箇所を強く研磨すると、塗装面のクリアー塗装が削られ、さらに塗装面まで削られてしまう可能性も。
そうなると、傷以上に見た目が悪くなるので注意が必要です。

傷消し用のアイテムはたくさんありますが、いずれも傷の溝が深くないケースに限定されます。

傷の溝が深いと、その程度では修復が難しく、目立たない状態にするのは厳しいでしょう。

 ガラスコーティングで傷消しは可能?

「車にできた傷も、ガラスコーティングをしたら消えるのでは?」と、考える人もいるのではないでしょうか。
確かに、ガラスコーティングをすると、ボディをガラスの被膜で覆うことになり、傷部分をコーティング剤が埋めてくれます。
傷自体を直すわけではありませんが、目立たなくすることができます。

しかし、効果があるのは目立たなくなる程度の小さな傷です。
すぐ分かるような大きな傷は、残念ながらガラスコーティングではカバーしきれないでしょう。

ガラスコーティングで傷の予防を

「ガラスコーティング」は、カー用品店にあるガラス系コーティング剤とは違います。
ガラス系コーティングの場合コーティング効果は6か月程しかありませんが、プロが施工するガラスコーティングは、コーティング効果が3年~5年もの間持続します。

ガラスコーティングは、車の塗装面に薄いガラスの被膜で覆うというコーティングです。
ちょっとした傷や汚れ、紫外線などから、車のボディを守ることができます。

しかも洗車後のワックスがけ等も不要なので、日頃のメンテナンスもラクになりますよ。
とくに黒色や赤色等の車は、拭き取り傷が目立ちやすいので、コーティングをしておくと安心です。
車に傷が付く前に、できるだけ早くコーティングをすると、きれいな状態を維持できます。

ガラスコーティングの注意点とは?

ガラスコーティングは、塗装面に傷が付いていない新車の時に行うのがベストです。
新車に乗ってある程度経ってからでも、業者さんにお願いすると塗装面を研磨してうまくコーティングしてくれます。

とはいっても、やはり無傷の状態の時に施工したおいたほうがよいですよね。
また施工後の約1か月間は、コーティング剤が空気と化学反応をして結晶化する時期でもあるので、傷が付く可能性がある洗車はNGです。

そしてその後のワックスがけもNGです。
ワックスが、コーティングの効果を損なう恐れがあるからです。

 まとめ

車は意外と傷が付きやすいので、洗車や日頃の生活の中で、小さな傷はたくさん付いてしまうでしょう。

ガラスコーティング自体は、傷を消すためのものではありませんが、小さな傷であれば、コーティング剤を塗り込むことで目立たなくすることができます。

ガラスコーティングは、一度施工すると、ボディを保護する効果が数年間続くものです。
車に傷が少ないうちにガラスコーティングをして、車を傷から守りましょう。

こちらの記事もおススメです!