お問い合わせ・ご予約

お見積・お問い合わせ

「カーコーティングについてもっと知りたい!」、「メンテナンスの仕方がわからない」など、ご不明な点があれば、お電話・メールにてお気軽にお問い合わせください!
(電話受付時間 平日・土日祭日 10:00~19:00)

電話で問合せ045-225-0118

電話で問合せ045-820-2855

電話で問合せ03-5772-0055

電話で問合せ03-3571-3581

お問い合わせ

電話で問合せ03-3571-3581

電話で問合せ045-225-0118

電話で問合せ03-5772-0055

電話で問合せ045-820-2855

メールでのお問い合わせ

六本木ヒルズ店、横浜ランドマークタワーなどで、駐車場で駐めてる間に、あなたの車を職人技で磨き上げます。

タップでお問い合わせ

お役立ち情報

ガラスコーティングのデメリットとは?メリットのほうが大きい?

  • コーティング
  • 更新日:2020.11.23

1380-img01

車のコーティングにはいろいろな種類がありますが、近年ガラスコーティングの人気が高まっています。
ガラスコーティングという言葉を耳にしたことがある方は多いでしょう。
ですが、実際には「どのようなものなのかは知らない」という方もいるのではないでしょうか。
今回は、ガラスコーティングのデメリットやメリットを紹介していきます。

ガラスコーティングとは何か

普通に車を走行していると、自然と砂ぼこりや鉄粉などが車体に付着してしまいます。
また細かな傷もできてしまいます。
これらの汚れや傷から車体を守ってくれるのがコーティングです。
塗装面の上に塗られたクリア層という透明な皮膜の上に、さらに保護膜を作るものです。

ポピュラーなコーティングとしてはワックスがあります。
ポリマーやフッ素といったものも、コーティング剤となります。

ガラスコーティングはガラス質の皮膜で、クリア層を保護するのが特徴です。
ガラスというと割れやすいと思うかもしれませんが、実際にはガラスの主成分であるシリカという素材を使ってコーティングを行っていきますので、割れることはありません。
最近では、スマホにもこのガラスコーティングを行うケースもあるため、身近なコーティング剤の1つになってきました。

ガラスコーティングのデメリット

ガラスコーティングは人気が高いコーティングになりつつありますが、施工をする人はまだ多いわけではありません。
それはガラスコーティングにはデメリットがあるためです。

施工に時間がかかる

ガラスコーティングは皮膜をしっかりと車体に密着させる必要があるため、下処理を丁寧に行わなければなりません。

経年車両の下処理としては
・汚れの除去
・水垢の除去
・鉄粉の除去
・細かな傷をコンパウンドで除去
・コンパウンドの油分の除去
・水分を徹底的に除去

このようなものがあります。
新車であれば比較的短時間で行えるものですが、経年車両となるとこれらの下処理に非常に時間がかかります。
場合によっては5日間ほど下処理に時間がかかることがあります。
このような下処理後にガラスコーティングを施工しますが、施工後皮膜が安定するまでに1~2週間程度は必要です。

このようにガラスコーティングには施工時間が長く、施工後の一定期間は、天候に左右されない場所で保管する必要もあります。
つまり、施工期間中は車を使用することができません。

価格が高額になりやすい

施工に時間がかかるガラスコーティングは、手間がかかるため価格が高額になりやすい傾向があります。
ガラスコーティングの中にも様々な種類がありますが、比較的低価格といわれるのがシリカ系ガラスコーティングです。
それでも軽自動車に施工した場合でも、5万円程度が想定されます。

ワックスコーティングであれば、高くても2000円~3000円程度で行えることを考えると、ガラスコーティングは施工費用が高いといえます。

ワックスより艶がない

ワックスコーティングは油脂分があるコーティングとなるため、施工後はピカピカの艶が出ます。
一方、ガラスコーティングを施工しても、ワックスコーティングほどの艶は感じられない場合が多いでしょう。
もちろん種類によっては、ガラスコーティングならではの輝きが感じられるものがありますが、価格はその分高くなります。
一般的なガラスコーティングでは、ワックスほどの艶は期待できないと思っておきましょう。

ガラスコーティングのメリット

施工に時間がかかり、高額でワックスに比べても艶がないといわれるガラスコーティングですが、デメリットを上回るメリットがあります。

持続力や耐久性が高い

ワックスコーティングは長くても1~2カ月くらいしか持続しませんし、耐久性は劣るコーティングです。
ですが、ガラスコーティングは施工後3~5年程度は持続します。
また、保管環境によっては10年程度持続するともいわれています。

メンテナンスが楽

コーティングされたガラス皮膜は、ワックスやフッ素、ポリマーに比べると硬いものとなります。
このため、傷が入りにくく、水洗いを定期的に行うだけで、ほとんどの汚れを落とせます。つまり、メンテナンスが非常に楽になるのです。

長い目で見るとコスパがよい

施工時に支払う料金が高いガラスコーティングですが、その他のコーティングに比べると、長い目で見た時にはコスパはよくなります。

例えば、ワックスコーティングだと月に1度くらいは洗車とワックス塗布を行うことになるでしょう。
1回2,000円のワックス洗車を月1回行うと、1年間に24,000円かかります。
これを5年間行った場合は120,000円かかります。

ですが、ガラスコーティングの場合は、施工時に50,000円支払い、あとは月に1回程度1,000円の手洗い洗車を行った場合、5年間でも洗車代が60,000円、合計110,000円となります。
このように、コスパで見るとガラスコーティングのほうが安く済むケースがあります。

まとめ

ガラスコーティングは施工時間が長くかかり、料金も他のコーティングに比べると高くなります。
その分愛車をいつまでもきれいな状態に保ちやすく、メンテナンスは楽です。
高いと感じる料金も、長い目で見ると他のコーティングに比べて安く済むメリットがあります。

施工になれたプロに依頼すれば、その仕上がりは満足できるものとなるでしょう。
きれいな愛車に乗り続けたい方は、ガラスコーティングを検討してみてくださいね。

こちらの記事もおススメです!