お問い合わせ・ご予約

お見積・お問い合わせ

「カーコーティングについてもっと知りたい!」、「メンテナンスの仕方がわからない」など、ご不明な点があれば、お電話・メールにてお気軽にお問い合わせください!
(電話受付時間 平日・土日祭日 10:00~19:00)

電話で問合せ045-225-0118

電話で問合せ045-820-2855

電話で問合せ03-5772-0055

電話で問合せ03-3571-3581

お問い合わせ

電話で問合せ03-3571-3581

電話で問合せ045-225-0118

電話で問合せ03-5772-0055

電話で問合せ045-820-2855

メールでのお問い合わせ

六本木ヒルズ店、横浜ランドマークタワーなどで、駐車場で駐めてる間に、あなたの車を職人技で磨き上げます。

タップでお問い合わせ

お役立ち情報

ガラスコーティング後にシャンプーを使用しても大丈夫?

  • 洗車
  • 更新日:2021.03.30

1557-img01

車のボディのツヤなどを良くしてキレイに見えるようにしたり、塗装面を保護してくれたりするガラスコーティング。
愛車に施工されている方も少なくないでしょう。
ガラスコーティング施工後の洗車はどのようにすべきなのかと悩んでいる方もいらっしゃるかもしれません。
この記事では、ガラスコーティング施工後の洗車について、シャンプーの使用を中心に解説していきます。

ガラスコーティング施工後にシャンプー洗車しても良いのか


結論から先にいえば、シャンプーを使用して洗車しても問題ありません。
むしろシャンプーを使用して洗車した方が良いです。
ガラスコーティング施工後の洗車について、ガラスコーティングの性質も踏まえながら見ていきましょう。

ガラスコーティングと洗車

車にガラスコーティングを施工すると、車のボディはツヤや光沢が良くなり、よりキレイに見えるようになります。

また、コーティングによって膜が張られ、その膜が紫外線や汚れの付着による劣化などによる塗装面へのダメージを防止する働きをしてくれるのです。
車の塗装面が劣化していくと、塗装剥がれが起こったり、ツヤや光沢が低下してしまったりします。
ガラスコーティングは汚れをはじいたり、汚れを落としやすくなったりするメリットがあるのです。

このような性質があるため、「洗車は不要なのではないか」「洗車するとしてもシャンプーまで利用しなくても良いのではないか」と思う方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、ガラスコーティングが汚れをはじくといっても、限界があります。
洗車をせずにいると汚れがガラスコーティングの上とはいえ車のボディに付着していきます。
こうなると、ガラスコーティングで得た効果が発揮されにくくなってしまいます。
ダメージを防止する働きもツヤや光沢も低下してしまい、車のボディがくすんだような状態になっていくこともあります。

そのため汚れが固着したり酸化したりする前に「洗車をおこなうべき」といえます。
汚れによっては水だけでは落とせないので、シャンプーを使用した洗車も必要なのです。

ガラスコーティング施工車に洗車する際の注意点

洗車する場合、洗車機はあまりおすすめできません。
できるだけ手洗いでの洗車をおすすめします。

洗車機は手洗いよりも車のボディに洗車キズなどが入りやすく、ガラスコーティングへのダメージがあるからです。
しかしながら手洗いでの洗車をする時間がないこともあるでしょうから、そういった場合は洗車機でも良いので洗車した方が良いでしょう。
やはり汚れをそのままにしておくことの方がデメリットが多いのです。

ガラスコーティング施工直後は洗車してはいけない

ガラスコーティングの施工直後、約1週間は洗車を控えてください。
ガラスコーティングは被膜が時間をかけてゆっくり硬化するため、完全に硬化するまではあまり触らない方が良いのです。
その硬化するまでの期間が最低でも約1週間というわけです。
長い場合は3〜4週間かかることもあるので、詳しくはガラスコーティングを施工してもらった業者などに尋ねてみると良いでしょう。

例外として、雨などで意図せず濡れてしまった場合は、すぐにキレイな水で洗い流し拭き取りましょう。
完全に硬化するまでの過程で、シンナーが徐々に気化する初期撥水という現象が起こります。
初期撥水では通常より強く撥水するので、良いことのように感じるかもしれませんが、この強い撥水が水跡などの原因になるウォータースポットを起こしやすくなってしまうのです。
そのため早めに対処した方が良いのですが、拭き取りの際には力を入れすぎないようにできるだけ優しく拭きましょう。

洗車にシャンプーを使用する必要性

ガラスコーティング施工後の洗車はシャンプーを使用せずに水洗いだけの方が良いと話すディーラーや業者もいるようです。
しかし、これは間違いで前述したようにシャンプーを使用しての洗車も必要です。

シャンプーが必要な理由

シャンプーの役割は主に、水洗いだけでは落ちない油などの汚れを落とすことと、シャンプーの泡で洗車ブラシやスポンジと車のボディの洗車時の摩擦を減らすことなどがあげられます。
摩擦を減らすということは洗車キズなどが付きにくくなるということです。
水洗いでは落ちないものを放置するのは良くありません。
毎回でなくても必ずシャンプーを使用しての洗車もおこないましょう。

シャンプーが使用できない状況であれば、水をかけながら洗車すると摩擦を軽減できます。

一部の業者が水洗いをすすめる理由

前述のような洗車にシャンプーの使用をすすめないディーラーや業者がいる理由としては、販売されている洗車用シャンプーの種類が多いことがあげられます。
コンパウンド入りワックスや水垢落としシャンプーなど、ガラスコーティングへのダメージが大きいものもあります。

多くのシャンプーの中から適切なものを素人が選ぶのは難しいという考えから、水洗いだけをすすめてしまうようです。

どのようなシャンプーが良いのか

洗車用シャンプーにはアルカリ性タイプと中性タイプのものがありますが、ガラスコーティングを施工した車には中性タイプのものをおすすめします。
アルカリ性タイプのものは中性タイプのものよりもコーティングへの負荷が強いので避けた方が良いです。
洗車用シャンプーを購入する際には、パッケージの裏などを見て中性タイプかどうか確認しましょう。

こちらの記事もおススメです!