お問い合わせ・ご予約

お見積・お問い合わせ

「カーコーティングについてもっと知りたい!」、「メンテナンスの仕方がわからない」など、ご不明な点があれば、お電話・メールにてお気軽にお問い合わせください!
(電話受付時間 平日・土日祭日 10:00~19:00)

電話で問合せ045-225-0118

電話で問合せ045-820-2855

電話で問合せ03-5772-0055

電話で問合せ03-3571-3581

お問い合わせ

電話で問合せ03-3571-3581

電話で問合せ045-225-0118

電話で問合せ03-5772-0055

電話で問合せ045-820-2855

メールでのお問い合わせ

六本木ヒルズ店、横浜ランドマークタワーなどで、駐車場で駐めてる間に、あなたの車を職人技で磨き上げます。

タップでお問い合わせ

お役立ち情報

洗車時の洗剤はどんなものを使うべき?

  • 洗車
  • 更新日:2021.02.19

3979863_s

洗車する際に必要なものの一つが洗剤です。
自分で洗車しようとして洗剤を購入しようすると、さまざまな種類があることが分かります。
では洗車に使用する洗剤はどのようなものを選ぶと良いでしょうか。

この記事では、洗車用洗剤の種類や洗剤を選ぶ際のポイントなどを中心に解説していきます。

洗車用洗剤にはどのようなタイプがあるのか

洗車に使用する洗剤の種類としては、大きく分けて「中性洗剤」と「アルカリ性洗剤」の2種類があります。
洗車用洗剤にはさまざまな種類がありますが、自分で洗車する際にはひどい汚れがあるとき以外は中性洗剤を使用するのが一般的です。

中性洗剤

アルカリ性洗剤や酸性洗剤と比べると洗浄力は低いですが、ある程度の汚れは落とすことができます。
コーティングや車のボディ塗装への影響も少なく済むので、普段の洗車に向いています。

アルカリ性洗剤

洗浄力が強いのが特徴の一つで、鳥の糞や虫の死骸、落ちにくい油汚れがある際に使用するのに向いています。

高い洗浄力があることをうたって販売されている洗剤の多くがアルカリ性か弱アルカリ性です。
しっかりすすがないと車のボディにダメージを与えるので、すすぎ残しのないように注意が必要です。

洗車用洗剤の選び方のポイント

洗車用の洗剤にもさまざまな種類があるので、どのようなものなのかよく見て選ぶ必要があります。
洗車用洗剤を選ぶ際に見るべき重要なポイントは、主に「泡立ち」と「泡切れ」の良さです。

泡立ちの良さ

洗車に洗剤を使うのは、表面の汚れを浮かせて、泡で優しく洗うことにあります。
泡立ちが悪いものを使用するとスポンジで擦る際の摩擦によって車にキズが付きやすくなってしまいます。
洗剤の泡立ちが良いほど、そのリスクを軽減できるので泡立ちの良さは非常に重要です。

泡切れの良さ

泡切れが良さは、洗い流しやすくすすぎ残しを防ぎやすいということでもあり、すすぎが楽になり時間も短縮できます。
泡切れが悪いとすすぎに時間がかかったり、洗剤の成分が残りやすくなったりします。
洗剤の成分が残るとシミになったり、ワックスやコーティングに悪影響があったりするので、泡切れの良さもとても重要です。

その他の機能

洗車用洗剤の中には、ワックスの成分が含まれているものもあります。
洗車と同時にワックスもできて便利ですが、洗浄力が低いものがあるので注意が必要です。
やはりワックスはしっかり洗車したあとに塗るのが普通ですし、そのほうがキレイに仕上がるのが実情です。

また、コンパウンド(研磨剤)が入っているものもあり、洗車をしながら細かなキズを消すことができますが、こちらも同様に洗浄力は低いものが少なくありません。

しかし汚れがひどくない場合や時間がない場合などには、こういったものを利用するのも決して悪くはありません。
状況によってうまく使い分けると良いでしょう。

その他、コーティング施工した車は指定された洗剤を使用しないとせっかくのコーティングの寿命を縮めてしまうことがあるので、そのようなこともよく確認して洗剤選びの参考にしてください。

洗車用洗剤と台所用洗剤などの違い

家庭用の台所用洗剤や洗濯用洗剤の多くも中性洗剤なので、それらを使用して洗車しても良いのではないかと思うかもしれません。

しかしながら、家庭用の台所用洗剤や洗濯用洗剤は洗車には向いていません。
例えば台所用洗剤は、ガラスやプラスチックについた油汚れを落とすために作られているので、洗浄力が強めになっているのです。
そのため台所用洗剤で洗車をすると、せっかくの車のボディのワックスやコーティングまで落としてしまうこともあり、表面が傷んでざらついたり塗装剥がれが起こったりする原因になってしまいます。

また、バンパーなどの樹脂パーツを痛めてしまい、白っぽくなっていくなどの弊害も生じます。
そして台所用洗剤は、泡切れがあまり良くありません。
そのため、洗車に使用すると洗剤の成分が車のボディに残りやすくなってしまうので念入りに泡を洗い流さなければならず、時間がかかってしまいます。

洗車用洗剤であっても洗剤の成分が残ったまま乾かしてしまうとシミができるなど塗装トラブルの原因となる恐れがありますが、台所用洗剤や洗濯用洗剤を洗車に使用するとシミができやすくなったり塗装表面が膨らんだりする可能性があるので注意が必要です。
洗剤はそれぞれ用途に合わせて作られているものがほとんどなので、洗車には専用の洗剤を使用するのが一番良いのです。
洗車用洗剤も多くのものが販売されているので、車種や汚れ具合など車の状態に合ったものを使用しましょう。

洗車は、念入りにおこなおうとすると時間も手間もかかるものです。
洗車する時間がない場合などは、洗車サービスをおこなっているプロの業者に依頼すると良いでしょう。

普段自分で洗車している方も、時々業者にお願いすると自分では手の届かない箇所や気づきにくい汚れなども徹底的にキレイにしてもらえるので安心です。
汚れによっては落としにくいものもあるので、そういった際も相談してみると良いでしょう。

こちらの記事もおススメです!