お問い合わせ・ご予約

お見積・お問い合わせ

「カーコーティングについてもっと知りたい!」、「メンテナンスの仕方がわからない」など、ご不明な点があれば、お電話・メールにてお気軽にお問い合わせください!
(電話受付時間 平日・土日祭日 10:00~19:00)

電話で問合せ045-225-0118

電話で問合せ045-820-2855

電話で問合せ03-5772-0055

電話で問合せ03-3571-3581

お問い合わせ

電話で問合せ03-3571-3581

電話で問合せ045-225-0118

電話で問合せ03-5772-0055

電話で問合せ045-820-2855

メールでのお問い合わせ

六本木ヒルズ店、横浜ランドマークタワーなどで、駐車場で駐めてる間に、あなたの車を職人技で磨き上げます。

タップでお問い合わせ

お役立ち情報

新車にはガラスコーティングが必要?

  • コーティング
  • 更新日:2021.02.27

1506img01

新車を購入する際、ガラスコーティングの施工をすすめられることもあり、どうするか悩む方もいらっしゃるでしょう。
この記事では、ガラスコーティングが必要な理由やその効果、いつ施工するのが良いのかなどを解説していきます。

新車のガラスコーティングは必要なのか

新車のガラスコーティングは、車を良い状態で保つために必要なことです。
新車にガラスコーティングが必要な主な理由は、さまざまなことでダメージを受け、劣化する原因にさらされている車のボディを守るためです。

ガラスコーティングによってできた被膜は、車のボディへのダメージを吸収して劣化を防止してくれるので、新車を良い状態に保つことができます。

新車にガラスコーティングを施工するメリット

新車にガラスコーティングを施工しておけば、ガラスコーティングの効果によって、劣化などで起こる車のボディのトラブルを予防できます。
自分が利用している間はもちろんのこと、新車をできるだけキレイな状態に保つことで、のちにもメリットがあります。

ガラスコーティングの効果

ガラスコーティングを施工すると紫外線のカット効果を得られます。
紫外線が車のボディに当たると、塗装の剥離や塗装面のひび割れ、色あせなどを引き起こす原因になります。

ガラスコーティングによってできる被膜は、塗装面を紫外線によるダメージから守ってくれるのです。
また、ガラスコーティングを施工することによって、花粉や虫の死骸、鳥の糞などの汚れが付着しにくくなります。
付着しても落としやすくなるので、洗車などのお手入れが楽になるのもメリットです。

酸性雨が付着した場合、イオンデポジットといわれるシミができることがありますが、ガラスコーティングはこれも防いでくれます。

洗車をする際に付いてしまう洗車キズも付きにくくなります。
硬い被膜ができるタイプのガラスコーティングを施工しておけば、被膜が塗装面を守ってくれるのでスクラッチ傷の類が付きにくくなるのです。

このようにガラスコーティングの被膜は、車のボディへのさまざまなダメージから守ってくれます。
そして、ガラスコーティングを施工している場合の方がしていないものより光沢の低下が遅くなり、光沢も長く持続させることもできます。

下取りが高くなる可能性

新車にガラスコーティングをしておくと下取りを高価格でしてもらえる可能性が高くなります。
同じ中古車でも、当然ながら傷みの少ないキレイな車のほうが売りやすく、価格も高く設定できるからです。

新車のガラスコーティング施工のタイミング

新車のガラスコーティングを施工するなら、できるだけ早めに行うことをおすすめします。
新車の塗装面は劣化も汚れもないため、ガラスコーティングの密着性が良くなるので、効果を得られやすくなります。

また、汚れやキズなどが付いてしまったあとだと、下地処理の費用が別途必要になることがあります。
遅くても新車が納車されてから「2週間以内」に施工するのが良いでしょう。
2週間以上経ってしまうと、付着した汚れが強く固着する可能性が高くなっていくので、ガラスコーティングを施工する前に下地処理で汚れを落とす必要があるのです。
汚れが付着しても2週間以内なら固着しにくく、簡単に落ちる汚れなら下地処理する場合でも費用も少なく済むか不要になります。

車のガラスコーティングをはDIYできるのか

車のガラスコーティングのDIYは決して簡単ではありませんが、材料を揃えれば可能です。
かかるお金がそ材料の購入費用だけで済むので、安くできるのがメリットがあります。

自分で施工できる方ならDIYでも良いでしょう。
コーティング剤はできるだけ効果の高いものにして、正しい施工方法をしっかり理解しておく必要があります。

新車のガラスコーティングを依頼するなら

新車のガラスコーティングを依頼するとしたらディーラーか専門業者などになりまここではそれぞれのメリットやデメリットなどの特徴をみていきましょう。

ディーラー

ディーラーで新車のガラスコーティングをしてもらうメリットとしては、新車納車時に施工が終了していることなどがあげられます。

しかし、ディーラーガラスコーティングは持続性が低いといわれており、効果がわかりにくいといった意見もあります。
外注での作業となりディーラーは仲介業者に当たるため、中間マージンがかかります。
車のコーティングが初めての方や納車時にコーティングまで完了していたほうが良い方などはディーラーに依頼すると良いでしょう。

専門業者

専門業者のガラスコーティングは、専門だけあって高耐久のガラスコーティングであることが多く、設備の整った環境で選任スタッフが最新のコーティング方法で、それぞれの車に合った施工をしてくれます。

ディーラーと違って直接依頼するので中間マージンもかかりません。
新車納車後に車を持っていくか取りに来てもらう必要があるので納車からコーティング完了して多少時間がかかりますが、車好きで高い効果を求めている方などは専門業者への依頼がおすすめです。

以上のようにガラスコーティングは自分でやろうと思えば可能ですが、簡単な作業ではありませんし失敗する可能性もあるので、プロの業者等に依頼するのがおすすめです。

こちらの記事もおススメです!