お問い合わせ・ご予約

六本木ヒルズ店、横浜ランドマークタワーなどで、駐車場で駐めてる間に、あなたの車を職人技で磨き上げます。

お役立ち情報

車の下回り防錆対策にコーティングは有効?料金の相場は?

  • コーティング
  • 更新日:2021.10.22

1194947_s

車の下回りは汚れやすいのに加えて錆びやすく、メンテナンスが大変な箇所です。
この記事は、車の下回りが錆びる原因、錆がひどくなるとどうなるか、下回りにコーティングを施工するメリット、料金相場についてなどをまとめているので参考にしてみてください。

車の下回りが錆びる原因

車の下回りは錆びてしまう原因は、車の下回りが汚れやすい原因とよく似ています。
地面には雨や雪などさまざまな理由で水分が多くあります。
車の走行中は車の下回りは地面に非常に近い位置にあるため、車が走った際に巻き上げられた地面の水分が、下回りに付着しやすいのです。
下回りに水分が付着したまま放置すると、やがて錆になってしまうというわけです。

また、雪が降る時期は道路の凍結防止のために融雪剤が撒かれることがあります。
塩化カルシウムなどの塩分が含まれた融雪剤が、下回りに付着すると、錆びやすくなってしまいます。
潮風でも塩害が発生します。
車の他の箇所も錆びることがありますが、下回り特に錆の原因にさらされていることから錆びやすいといえます。

車の下回りの錆がひどくなるとどうなるか

錆は見た目が悪いのも問題ですが、放置することで錆が拡がってしまい、腐食して陥没したり穴が開いたりパーツが欠落したりと安全上に大きな支障をきたす事態になる恐れがあるので大変危険です。
車検に通らず、修理に高額な費用がかかることになるかもしれません。

このような事態を防止するために、錆の発生を防ぐ対策をしましょう。

車の下回りの錆を防ぐ方法

車の下回りの錆を防ぐために、付着した水分や塩分などを洗車してこまめに落としましょう。
洗車後にしっかりと乾燥させれば、錆を防ぐことにもつながります。

また、錆止め剤を使用するのも錆を防ぐのに有効です。
下回り全体に錆止め剤を使用すれば、一定期間は錆の発生や侵食を防ぐことができ、洗車よりも効果的ともいわれています。

錆止め剤をカー用品店で必要な道具を購入して自分で施工することも可能です。
DIYのほうが費用は抑えられますが、下回りは作業が大変なので、難しいようなら業者に依頼しましょう。

すでに下回りに錆がついている場合は、錆を除去してください。
紙やすりを使って錆を削り落としていく方法が一般的です。
錆を落とした後に防錆塗料を塗と、その後の錆の発生を防げます。
この作業もDIY可能ですが、ジャッキなどで車体を上げないと作業できないので、難しいようなら業者に依頼しましょう。

このように錆を防ぐ方法はさまざまなものがありますが、一番効果的な方法は下回りにコーティングを施工することです。

車の下回りにコーティングを施工する効果やメリット

車の下回りのコーティングは、アンダーコートや防錆塗装ともいわれます。
車の下回りにコーティングをするメリットの一つが、錆を防止できることです。
最近の車に防錆鋼板が使用されてはいるものが多いですが、防錆加工が取れてしまうこともあるので完全に錆が発生しないわけではありません。

特に下回りは小石が飛んでくるなどして傷がつきやすく、防錆加工が取れやすい環境でもあります。
コーティングをしておくと、このように傷がつくのも防いでくれるうえ、錆ができる原因からも保護してくれます。
車の下回りのコーティング制振効果があることから防音(遮音)にも役立つとされています。

車の下回りコーティングの料金相場

車の下回りのコーティングは業者によって異なりますが1万5千円程から2万円程が相場となっています。
車の下回りは車のボディのコーティングよりも傷が付きやすい箇所なので、ボディよりも丈夫なコーティングでないといけません。
そのため、高品質の材料を使用して施工しています。

施工の際は車体を浮かせて作業する必要があり、作業に危険を伴う箇所でもあるので、金額が低価格のところは品質が落ちると思ったほうが良いでしょう。

車の下回りのコーティングを依頼するメリット

車の下回りのコーティングは自分で施工することも可能ですが難しいです。
コーティングの作業自体が素人には難しいうえ、車の下回りに施工する場合は車体を浮かせて作業しなければならず、危険を伴う作業もあります。

車の下回りのコーティングをするなら自分で施工するよりも業者に依頼するのがおすすめです。
ディーラーでは車両の購入時にすすめられることがあります。
ディーラーでお願いすれば専門店を探す手間も省けますし、その車種のことを熟知したスタッフが施工してくれるというメリットがあります。

しかし、コーティングの施工に関しては必ずしも優れているとはいえないこともあり、仕上がりはスタッフによって差があることもあります。
また、ディーラーでは低コストで施工が比較的容易な水性系の防錆剤を使用していることが多いです。
水性系の防錆剤は耐久性や密着性には優れておらず、剥がれやすいという弱点があります。ディーラーはコーティングなど施工や修理ではなく、車の販売が主な利益・目的なのでコーティングの質は決して高いとはいえません。

その点、専門店であればコーティングの専門的な知識や技術をもったスタッフが高品質の材料を使用してコーティングを施工してくれるので満足できる仕上がりになります。
愛車をよりキレイに安全に乗り続けたいとお考えなら、車の下回りのコーティングは専門業者に依頼しましょう。

気軽にお電話ください!気軽にお電話ください!

自分の車に合うコーティングがどれかわからない… 洗車がしたいけどどういうサービスをしてくれるの?自分の車に合うコーティングがどれかわからない… 洗車がしたいけどどういうサービスをしてくれるの?

  • 今すぐお問い合わせする
  • ご予約・お見積り

困ったときは、お客様サポート

「カーコーティングについてもっと知りたい!」、「メンテナンスの仕方がわからない」など、ご不明な点があれば、お電話・メールにてお気軽にお電話ください!
(電話受付時間 平日・土日祭日 10:00~19:00)

お問い合わせ