お問い合わせ・ご予約

お見積・お問い合わせ

「カーコーティングについてもっと知りたい!」、「メンテナンスの仕方がわからない」など、ご不明な点があれば、お電話・メールにてお気軽にお問い合わせください!
(電話受付時間 平日・土日祭日 10:00~19:00)

電話で問合せ045-225-0118

電話で問合せ045-820-2855

電話で問合せ03-5772-0055

電話で問合せ03-3571-3581

お問い合わせ

電話で問合せ03-3571-3581

電話で問合せ045-225-0118

電話で問合せ03-5772-0055

電話で問合せ045-820-2855

メールでのお問い合わせ

六本木ヒルズ店、横浜ランドマークタワーなどで、駐車場で駐めてる間に、あなたの車を職人技で磨き上げます。

タップでお問い合わせ

お役立ち情報

ガラスコーティング後に洗車機の使用は大丈夫?

  • コーティング
  • 更新日:2020.12.30

1427-img01

「ガラスコーディング」は、ガラスの組成に似た硬い皮膜を車体に形成することにより、驚くほどの光沢を与えてボディに傷や汚れを付着しにくくするのが特徴です。
ここではガラスコーディングをした車に洗車機を使用して大丈夫なのかを解説しましょう。

そもそも洗車は必要なの?

「愛車をできるだけ美しく見せたい」「汚れを付きにくくできる」というメリットから、ガラスコーティングの施工を依頼する方は少なくありません。

「車に汚れが付きにくくなるということは、洗車も不要になるのでは?」と考える方もおられるようですが、ガラスコーティングをした車にも定期的な洗車は不可欠です。
どんなに硬く強固な被膜で車体を覆ったとしても、泥や黄砂や鳥の糞や走行中に飛んでくる虫など、その他にもたくさんある車の汚れの原因をすべてカバーできるわけではありません。

ガラスコーティングを施すことにより、汚れは付きにくくなります。

ただし、付着した汚れを放置してしまうと汚れた部分が酸化を起こしてしまいます。
せっかくコーティングした層を侵食し、効果の低下を速めてしまうのです。

こまめに洗車を行うことで、酸化防止やコーティングの性能を十分に発揮&長持ちさせることにもつなげられるのです。

ガラスコーティング後の洗車機の利用は大丈夫?

ガラスコーティング後に洗車機が使用できないわけではありません。
ただし、洗車機で洗車を行うときには気を付けなければいけないことがいろいろあります。
以下にガラスコーティング後に洗車機を使う場合の注意点を記載します。

洗車機を使用する場合は水洗いコースを選択しよう

ガソリンスタントなどで洗車機による洗車をお願いする場合は、しっかりとした知識をもっているので何も考えずに任せて問題ありません。

しかし、セルフで洗車機を利用して愛車の洗車を行う場合は、気を付けなければいけないことがいろいろあります。

洗車機には「シャンプー洗車」「ワックス洗車」「手洗い洗車」「撥水洗車」など様々なコースがあります。
コースを選択するときに水洗い洗車コース以外を選択してしまうと、コーティングにダメージを与えて、せっかくの性質を台無しにしてしまう可能性を高めてしまいます。

シャンプー洗車の場合はダメージを与えない可能性もありますが、念のために水洗い洗車を選ぶことをおすすめします。

洗車機のブラシの種類を確認しよう

ひと昔前であれば、ガラスコーティングを施した車に洗車機を使用することはNGでした。
それは洗車機のブラシに原因があります。
以前はプラスチックやナイロン製の硬いブラシが使用されていました。
しかし最近の洗車機には柔らかい繊維のブラシや、特殊な素材の傷が付きにくいブラシなどが選択されています。

ただし、すべての洗車機がそうとは限りませんので、ブラシの種類がはっきり確認できない場合は使用を避けた方が賢明です。

コーティング直後は使用NG

どんなに柔らかく傷が付きにくいブラシが使用されていて水洗い洗車コースを選択しても、コーティング直後は洗車機の利用を避けましょう。

それは、コーティング直後は被膜が完全に硬化していない可能性が高いからです。
この状態で車体をブラッシングすると、被膜にダメージを与えてしまう確率は極めて高くなります。
せっかく高いお金を支払って施工してもらったコーディング効果が、極端に落ちてしまいます。

ガラスコーティングした車には手洗い洗車がベスト

ガラスコーティングを施した車を、洗車機によってダメージを与える一番の原因はブラッシングです。
洗車機では、十分に水洗いをしないままブラッシングを開始してしまうケースも。
そうすると、車体に残っている砂やホコリなどの汚れをブラシで引きずり傷を付けてしまいます。

たとえ目に見えない程度の傷だとしても、それが蓄積することでコーティングがもつ本来の性能や効果を低下させ、寿命を短くしてしまいます。
したがって、ガラスコーティングした車には手洗いによる洗車がベストとされています。
もちろん手洗い洗車をしても、硬いブラシでゴシゴシ車体を擦ってはいけません。

手洗い洗車後も拭き取りはしっかり行うことが大事

洗車機を利用した場合でも手洗いでも同じですが、コーティングした車は非常に水はけが良くなっています。
洗車後しっかり水滴を拭き取らないで、風圧により車体を乾そうとする方も少なくありません。

しかし、車体が十分に乾かないままに走行をすると、砂やホコリなどが付着しやすくなってしまいます。
さらにシミや水垢を発生させる可能性も高くなるため、洗車後は十分に水滴を拭き取ることをおすすめします。

まとめ

ガラスコーティングをした車には定期的な洗車が必要不可欠で、手洗い洗車がベストとされています。
洗車機も絶対に使用がNGなわけではありません。
ガラスコーティングの特性をしったうえで使い方を間違えなければ大丈夫です。

しかし、ガラスコーティングはそれなりに高額な費用がかかっています。
お忙しい方も多いと思いますので、多少洗車に費用がかかってもプロによる手洗い洗車を選択することをおすすめします。

こちらの記事もおススメです!